今後のイベント 2018年10月4日にNYCで開かれるNYゲーム・カンファレンスで、WAXのチームと会ってみませんか。

WAXトークンを入手すべき10の理由

12月 18, 2017
Facebook Twitter Email Linked In

2017年12月18日

WAXトークンを入手すべき10の理由

1. 素晴らしいチーム:WAXは、世界一のデジタルマーケットプレイスのオペレーターであるTeam OPSkinsによって設計されました。彼らは1週間あたり200万件のデジタルアイテム販売を誇ります。

2. ビジネスの成功実績: WAX はOPSkinsチームが作り上げた第3のグローバルマーケットプレイスです。先行の2つのマーケットプレイスは、それぞれのカテゴリーでナンバーワンになりました(バーチャルアイテム、スキン)。

3. マーケットでの優位性: OPSkinsは数十億ドル規模のビジネスであり、数百万人の顧客から高い評価を得ています( Trust Pilotレーティングで10点満点中9.8点を獲得)。彼らがWAXを作ったのは、4億のグローバルデジタル取引コミュニティが求めるものを理解しているからです。

4. 暗号化コミュニティ内でのルーツの深さ:The OPSkinsチームは、暗号通貨コミュニティから高い評価を受けています。独自のビットコイン支払い処理プラットフォーム構築後、 OPSkinsはビットコインを取り扱うグローバルeコマースサイトとして、5本の指に入るまでになりました。彼らの顧客は暗号通貨を好んで使用しています。

5. 世界的に人気のビデオゲームの取引: WAXは、CS:GO、PUBG、DOTA 2、H1Z1をはじめとする、高い人気を誇るオンラインビデオゲームのデジタルアイテムの取引を扱っています。世界中のビデオゲームプレーヤーは、毎年500億ドル規模のデジタルアイテム取引を行っています。

6. ブロックチェーン開発のエキスパート: WAXの創業者であるウィリアム・キグリー( William Quigley)とジョナサン・ヤンティス(Jonathan Yantis)の2人は、ブロックチェーンコミュニティの中では伝説的な存在です。2人が共同で創業したTetherは、世界中の取引所で利用されている最も人気の高い米ドルのデリバティブコインです。彼らは最初期のブロックチェーンベンチャーファンドであるクリプト・キャピタル・パートナーズ( Crypto Capital Partners)も共同で創業しました。彼らはマスターコイン(Mastercoin)の最大の支援者であり、同社はブロックチェーンベースのスマート契約というコンセプトを考案し、史上初のICOを行いました。また、2人はイーサリアムICOに最初期の段階から投資を行い、その投資額も最大級でした。彼らはGocoin(初期のビットコイン支払いプロセッサー)、Blade(最初期のビットコインデビットカード)を生み出しました。彼らはブロックチェーンのエキスパートです。

7. 既存のマーケットをターゲットに: WAXは既に存在する500億ドルのアイテム取引マーケットに対応できるよう設計されています。これは実験ではありません。OPSkinsはこのグローバル市場を支配しています。OPSkinsはWAXの最初の顧客となります。そしてこの市場は分散型マーケットプレイスで、より一層大きく成長していくことになるでしょう。

8. リアルかつニーズのある利用例: WAXトークンには実際的な存在理由があります。ビットコインを表面的に作り変えただけの無意味な代物ではありません。さらに悪い例ですが、ビットコインのように使用されるERC20イーサリアムトークンに何の意味があるのでしょうか。WAXトークンは、WAXスマート契約の決済に利用されます。スマート契約により、数百万人のゲーマーがデジタルアイテムの取引を行えるようになります。現在、約4億人のゲーマーが人気のデジタルゲーム資産の取引を積極的に行っており、この重要な分散型プラットフォームを有効活用するためにWAXトークンの所有が必要となるのです。

9. 巨大なエコシステムに対応するWAX:WAXプラットフォームは、すでにグローバルなデジタルアイテム取引業界に参画している数千の企業やパワーセラーに対応できるよう設計されています。WAXスマート契約は、決済エージェント、アフィリエイト、上場サイトをはじめとするデジタルアイテム取引に関連するすべてのグループに対して、トラッキングおよび支払いを行います。これは既存の集中型マーケットプレイスからの大きな改善であり、アイテム取引のファシリテーターは大きな恩恵が受けられます。

10 デジタルアイテム取引マーケットとWAXトークンの規模の連動:WAXを支える精鋭チームは、デジタルアイテム取引産業の成長規模に合わせて、WAXプラットフォームが成長できるよう設計を行いましたWAXプラットフォームの決済エージェントは、割り当てられた取引を取り扱う保証として、安全なスマート契約のためにWAXトークンを担保しなければなりません。ビジネス規模の拡大に伴い、決済エージェントはWAXスマート契約の安全性確保のためにより多くのWAXトークンを担保する必要があります。

Facebook Twitter Email Linked In

関連記事

Blog Image

All 21 WAX Guilds recommended by the Inspector General are now producing blocks on the WAX Blockchain

The WAX Blockchain reached a major milestone today by fully decentralizing block production. The top 21 guilds as determined by the Independent Office of the Inspector General, per its WAX Guild Ratings Report are now producing blocks on the WAX Blockchain

続きを読む
Blog Image

Why WAX didn’t implement REX

We didn’t implement REX because we believed that doing so would disincentivize people from staking their WAX Tokens since they could simply rent resources cheaper instead.

続きを読む
Blog Image

WAX ON: Are big video game companies ready to adopt blockchain technology?

Subscribe to the WAX YouTube channel for more episodes of WAX ON with William Quigley each week.

続きを読む

Thank you for subscribing to WAX updates!

WAXのチームから最新情報を受け取るための申し込みを行う

I want the latest in: