今後のイベント 2018年10月4日にNYCで開かれるNYゲーム・カンファレンスで、WAXのチームと会ってみませんか。

どのようにしてイーサリアムは世界で最も人気があるDApp、VGOを終わらせかけたのか?

8月 22, 2018

2018年8月22日

イーサリアムは(残念ながら良い意味でなく)「DAppキラー」です。

私達はイーサリアムが好きです。本当に好きです。私達はイーサリアムの開発コミュニティが持つ情熱と創造性に感銘を受けていますし、WAXのトークン生成イベントではイーサリアムを使いました。実を言えば、WAXの創業者たちは2014年当時に行われたイーサリアムのクラウドセールにおいて、購入量が2番目に大きな買い手だったのです。私達が大ファンであると自称するには十分ではないでしょうか。

しかし、たとえ熱心なファンであっても、時には自分が大好きなプロジェクトの欠陥を指摘しなければならないことがあります。そこで本題です。イーサリアムは「DAppキラー」なのです。これが何を意味するかというと、あなたのDAppもまた、イーサリアムにやられてしまう可能性が高いということです。

このような批判は必要以上に辛辣に聞こえるかもしれません。しかし私達がWAXで個人的に得た経験から考えると、成功を収めたDAppをイーサリアムのメインネット上で運用した場合、そのDAppの健全性に対し破滅的な影響がもたらされる可能性があるのです。より詳細に説明すると、もしあなたがイーサリアムのメインネット上でDAppをローンチし、そのDAppが成功を収めた場合 (この場合の「成功」とは、多くの顧客がそのDAppを今すぐに使ってみたいと考えるような状態を指します)、あなたは長期間、多大な遅延や手数料に悩まされることになる可能性があるということです。

これは単なる理論上の見解ではありません。ほんの数週間前、私達は大変人気のあるDAppが誕生し、そして終了寸前まで追い詰められる様子を目にしたのです。そのDAppこそが VGOです。VGOは当初イーサリアムのブロックチェーン上でローンチされ、そして終了の一歩手前まで行ってしまったのです。

問題があったのはDAppの方ではありません。VGOはすぐに大人気となりました。問題だったのはイーサリアムのメインネット上で突然大規模な混雑が発生したことであり、その原因となったのはある悪人の存在でした。正確に言うと、FCoinと呼ばれる会社だったのです。

幸いにも、この話はハッピーエンドを迎えました。VGOはイーサリアムの内部で問題が起こってから72時間以内に、イーサリアムから離脱したのです。VGOはその後、アルファ版のWAXブロックチェーン上で再ローンチを行いました。VGOは今では世界で最も人気のあるDAppです。全て丸く収まったわけですが、しかしVGOにまつわるこの話は、今後ブロックチェーンでDAppを作ろうとしているあらゆる起業家に対する警鐘となっています。その詳細は次のようになります。

どのようにしてイーサリアムは世界で最も人気のあるDApp、VGOを終わらせかけたのか?

VGOは2018年6月にローンチされ、他の同様のアイテムを取引する際にかかる制限に苛立っていた、アイテム取引を行っている者たちに喜ばれることとなりました。VGOアイテムの武器はそれぞれが一点限りの物であり、The Forge Arenaのようなゲームにおいて収集、取引、購入、売却及び使用が可能です。ローンチ時、VGOスキンはイーサリアムのスマートコントラクトにより生成されていました。

しかし2018年6月のローンチ直後、 イーサリアムネットワーク上の大規模な混在により、VGOの存在自体が危機に晒されることとなりました。このため、VGOは人気に成り始めたばかりの時点で顧客を落胆させ、収益を失うこととなってしまいました。このようなことが起こった原因は、FCoinと呼ばれる小規模なプロジェクトにより、イーサリアムのブロックチェーンに障害が発生してしまい、そのことがネットワークを使用している全ユーザーに対し影響を与えてしまったからです。ユーザーたちは途轍もない取引の遅延や、ガス手数料の急激な上昇に一週間以上直面することとなってしまいました。

これらの問題によって最も被害を受けたDAppは、当時イーサリアムのブロックチェーン上において、他のどのDAppよりも多く取引の処理を行っていた物でした。そのDAppこそがVGOだったのです。

VGOの成長は、イーサリアムのブロックチェーンで起きた問題によって押さえつけられてしまいました。イーサリアムから離脱することにより、VGOは成長できるようになったのです。それ以降、ローンチからわずか2ヶ月の間に、VGOは素晴らしい成功を収めています。単にブロックチェーンに基づいたプロジェクトとしてだけではなく、マスマーケットにおける消費者の規模においても成功しているのです。

下記のグラフは、VGOの規模を他のブロックチェーンを使用したゲームに関するDAppと比較した物、および全てのDAppを合計した物と比較した物を示しています。VGOは取引量においてトップのDAppとなっており、一週間あたりの取引量において、他のゲームおよび収集関連のDApp全てを合計した量の26倍以上、そして他のあらゆるDApp (取引関連のDAppを含む) 全てを合わせた量の4.5倍以上となっています。

VGOは取引量においてトップのDAppであり、その取引量は他全てのゲームおよび収集関連のDAppを合わせた量の26倍以上*となっています。VGOは取引量においてトップのDAppであり、その取引量は週あたり、他全てのDApp (取引関連のDAppを含む) を合わせた量の4.5倍以上**となっています。
VGOは取引量においてトップのDAppであり、その取引量は他全てのゲームおよび収集関連のDAppを合わせた量の26倍以上*となっています。VGOは取引量においてトップのDAppであり、その取引量は週あたり、他全てのDApp (取引関連のDAppを含む) を合わせた量の4.5倍以上**となっています。

しかし6月30日以降、VGOの顧客は突然、17時間以上の取引時間および手数料の著しい増加という、耐え難い経験をすることになりました。影響を受けたVGOの顧客は通常のプレイヤーだけでなく、生配信または録画による動画コンテンツで視聴者を楽しませることで生活の糧を得ている、YouTuberおよびTwitchのストリーマーも含まれていました。そのようなエンターテイメントの価値は1つの取引を完了するために1日の大半が費やされてしまうようでは、控えめに言って著しく下落してしまいます。一方舞台裏においては、VGOのDAppの運営者たちが自分たちの収益が消え去ってしまうのを目の当たりにしていました。取引手数料が急上昇しており、ガス手数料が0.50ドルから、5ドル以上という途轍もない金額まで上昇していたためです。

FCoinのような小規模で無責任な参加者によって、イーサリアムのネットワーク全体が何日も続けてほとんど使い物にならなくなってしまうのであれば、どうしてVGOのような真っ当なEコマースビジネスが、イーサリアムのネットワークに頼ることを期待することができるでしょう?

これらのような非許可型のメインネットが現在どのように運営されているかに基づいて考えれば、ビジネス意識を持ったDAppの運営者がブロックチェーンのレールへと移ることを快く思うはずがありません。取引時間や手数料が予想できない形で100%以上急上昇するのですから。手数料と取引速度を一定の範囲内で予測する形でビジネスを構築している起業家は、それらの手数料が10倍以上に急上昇してしまえば生き残ることができません。一般的な消費者は、取引が無事に完了するまで一日の大半を待っていてはくれないのです。そして、消費者が混雑したネットワークの速度を上げるために、取引手数料の変動性というコンセプトを受容する可能性はあまりないように思われます。既存の非ブロックチェーンのネットワークとは進化の仕方とは違うのです。

しかし、解決策は存在します。

DAppがより広範囲の消費者から採用されるようになるためには、専用のブロックチェーンが必要不可欠。

イーサリアムのデザインでは、成功を収めたDApp、およびその顧客が真っ当に期待して良い、常識的なサービスレベルのパフォーマンスを達成することができません。このため、ブロックチェーンに基づいたゲームおよびその他のDAppの未来は、専用のブロックチェーンを構築することにかかっているのです。

その例を挙げましょう。混雑を切り抜け、イーサリアムのブロックチェーンが将来またしても、予期せぬ形でVGOに急ブレーキをかけることがないようにするために、VGOはイーサリアムのネットワークを離脱し、自身の相当な取引量を支えることができる専用のブロックチェーンへと移りました。それこそがアルファ版のWAXブロックチェーンなのです。

VGOはイーサリアムを離脱した後、ZilliqaやLoomに移るといった一時的な解決策を取ることも可能でした。しかし、これらはこのプロジェクトにとっては実現可能なソリューションではありませんでした。Zilliqaはメインネットのリリースまであと何ヶ月もかかります。LoomはMetamaskの使用を必要としますが、これはあらゆるDAppにとって、成功の大いなる妨げとなります。Metamaskについて追記すると、 CryptoKittiesの運営に関わる会社のCEOは、顧客がプロセスを放棄した理由の99%は Metamaskに関連した問題だったと話しています。

VGOがアルファ版のWAXブロックチェーンに切り替えた際、平均的な取引時間は17時間以上の遅れから2秒にまで短縮されました。取引手数料も取るに足らない額となったのです。また、同じぐらい重要なこととして、これらの主要な性能測定基準は信頼できるレベルで一定を保っています。WAXブロックチェーンはVGOがイーサリアムのブロックチェーン上にあった際に苦しむことになった問題を全て解決したのです。

別れを考える

イーサリアムのネットワークが、商業的な成功を達成したDAppを例え1つであっても支えることができないのであれば、イーサリアムがDApp産業を支えるようになるなどと私達が期待することがどうしてできるでしょうか?手短に言ってしまえば、そんなことは不可能です。ほとんどの人々がイーサリアムのビジネスネットワークとしての深刻な欠陥に気が付いてこなかった理由はただ1つ、これまでどのDAppも、真っ当で持続的な成功を収めたことがなかったからです。あなたは「CryptoKittiesはどうなんだ?」と考えるかもしれません。CryptoKittiesは未だに世間の注目を浴びていますが、しかし下記のデータを見て下さい。CryptoKittiesは不可思議な出来事として一時期もてはやされたわけですが、すぐに消えていきました。

CryptoKittiesのユーザーおよび取引量、2017年12月から2018年8月まで
CryptoKittiesのユーザーおよび取引量、2017年12月から2018年8月まで

この産業において、私達には解決しなければならない問題がたくさんあります。VGOがそうした問題のいくつかに晒されることとなったのは、単に成功することができたからです。なので、ぜひVGOの経験が私達に伝えてくれる、この貴重かつ珍しい情報を無駄にしないようにしましょう。VGOには何かしらの特別な資質があり、たとえ話に使われる所の「炭鉱のカナリア」だったのです。今や、私達は警鐘を受け取りました。イーサリアムは実現可能なソリューションを提供することはありません。一方で専用のブロックチェーンは、実現可能なソリューションを実際に提供してくれます。その例として、アルファ版のWAXブロックチェーンを挙げることができます。これは現存のDAppの中でも最も人気がある物を、信頼できるレベルで支えているのですから。

* ソース: dappradar.com によって追跡された、339のNFT関連のゲーム/収集物に基づく。賭博関連のサイトは除外。総合的な1日あたりの平均取引量の外挿は、1日あたりのETHの取引量、および1取引あたりのETHの平均量に基づく。 (18年6月19日-18年8月6日)

** ソース: dappradar.com によって追跡された、取引所、マーケットプレイスおよび賭博サイトを含む748 DAppに基づく。総合的な1日あたりの平均取引量の外挿は、1日あたりのETHの取引量、および1取引あたりのETHの平均量に基づく。 (18年6月19日-18年8月6日)

Facebook Twitter Email Linked In

関連記事

Blog Image

WAX Creator: More new features and another $10,000 competition!

We’ve added many improvements since the WAX Creator went live, and today we introduce a massive new feature and a new #WAXCreator contest!

続きを読む
Blog Image

How to launch an EOS dApp on WAX in just six easy steps

EOS dApp developers easily duplicate their dApp onto WAX with just a few clicks, and immediately gain access to WAX Token holders and millions of OPSkins customers.

続きを読む

WAXのチームから最新情報を受け取るための申し込みを行う